化粧オイル

オリーブオイルに含まれるコエンザイムQ10

オリーブオイルが体に良いと言われるのは、オレイン酸が豊富に含まれているからです。
油の摂り過ぎは体に良くないと思われがちですが、オリーブオイルのようにヘルシーな油は毎日でも摂取したいところです。
オレイン酸はオメガ脂肪酸の一種で、体内では生成できない必須脂肪酸でもあります。

オリーブオイルの魅力を簡単に説明しましたが、次はコエンザイムQ10との相性がいい理由を紹介しましょう。
コエンザイムQ10は元々体内にも存在しており、体内でも生成できます。
しかし年齢とともに老化が進み、体内で生成できる量は減っていきます。
この場合足りなくなる分を食事やサプリメントで補う事もできますが、コエンザイムQ10は油脂性という事もあって、油と一緒に摂取すると吸収率が高まるというメリットがあります。

オリーブオイルは食用の物を料理に使う事もできますし、鮮度が高く質の良いバージンオリーブオイルはそのまま飲む事ができます。
必須脂肪酸を手軽に摂取できますが、比較的油の中ではあっさりとしていますが、そのまま飲むのに抵抗を持つ人もいます。

こういう時はサプリメントでの摂取がオススメです。
サプリメントならオリーブオイルとコエンザイムQ10を同時配合できますし、油との相性もいいから相乗効果も期待できます。
オリーブオイルのオレイン酸は悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす作用がありますし、コエンザイムQ10には活性酸素を除去する作用があるから、体の中を綺麗にできます。

オリーブオイルの油分が、油脂性のコエンザイムQ10の吸収を助けるから、効率よくエネルギーをサポーとして、心身ともに健やかでいられます。

コエンザイムQ10自体が油脂性という事もあって、油炒めをする時に大豆油やごま油を使って調理するのもオススメです。
油と馴染むから吸収力が高くなり、その分効果や実感が得やすいのです。
サプリメントの組み合わせもいいですし、牛肉や豚肉、青魚、サラダをオリーブオイルで食べるのもヘルシーでいいでしょう。